ジェームス・グロース JAMES GROSE 正規取扱店:新宿BLUE DUN

JAMES GROSE ジェームス・グロース

ジェームス・グロースの創業は1876年まで遡り、モータライゼーションの足音が響きわたる以前の事だった。


英国を代表するスポーツ、モーターサイクルからフィッシングまで

ジェームス・グロース JAMES GROSE 正規取扱店:新宿BLUE DUN
あらゆるプロダクツが揃うデパートメントストアであったが、 惜しくも1971年にその歴史に幕が降ろされた。 この度100年近い歴史を誇った「James Grose」が、約40年振りに新たな時を刻むこととなった。
バイカーズジャケットはロンドン市内(イーストロンドン)のバイカーズジャケット専門工場にて1点1点職人の手作りにて生産される。 既に英国内でも本格的なバイカーズジャケットを生産できる工場は希少な存在。 40年近く経営してきたバイカーズジャケット専門工場をオーナーが高齢の為、廃業する事になり、その甥(現工場オーナー)が一部の機械設備および職人を現オーナーが引き継いで4年程前より新たにバイカーズジャケット専門工場としてスタートした。 工場としては、歴史が浅いが技術・生産方法等は伝統的・本格的な英国スタイルのバイカーズジャケットを受け継いだ製品となっている。
Made in London England

James Grose Manila Jacket ジェームス・グロース マニラ・ジャケット

JAMES GROSEのシリーズ中で、最もゆったりとしたパターンのジャケット

ジェームス・グロース マニラ・ジャケット
ジェームス・グロース マニラ・ジャケット
ジェームス・グロース マニラ・ジャケット
ジェームス・グロース マニラ・ジャケット
ジェームス・グロース マニラ・ジャケット
ジェームス・グロース マニラ・ジャケット
ジェームス・グロース マニラ・ジャケット
ジェームス・グロース マニラ・ジャケット ジェームス・グロース マニラ・ジャケット ジェームス・グロース マニラ・ジャケット ジェームス・グロース マニラ・ジャケット ジェームス・グロース マニラ・ジャケット ジェームス・グロース マニラ・ジャケット ジェームス・グロース マニラ・ジャケット
SPEC
  • ダブルの襟付き
  • ハンドウォーマーポケット2ヶ
  • サイドポケット2ヶ
  • 左腕にアームポケット1ヶ
  • ジッパー付きカフ
  • ジッパーはALBERT ZIPの復刻タイプ
  • バックルはROKKOタイプ
  • Made in England
MATERIAL
  • 表地 : Cow Hide Leather 100%
  • 裏地 : Cotton 35%, Polyester 65%
COLOR

Black

SIZEサイズの見方
表記 身幅 肩幅 袖丈 着丈
36 50.0 42.0 62.0 63.0
PRICE

¥135,000(税別)

*表記の無いモデルは在庫切れです。

DETAIL
  • メインファブリックはカウハイドのナッパレザー、極厚(1.4〜1.6mm)でありながらしなやかで米国モノよりも馴染みが早い。
  • 縫製部分も薄くせずに重ね縫いしている為、見かけだけではないバイカーズジャケットに求められる本来の高い耐久性を持つ。
  • 全てのジッパーは70年近い歴史を持つベルギーのALBERT ZIPの復刻タイプを採用、フロントは当然ダブルジップ。
  • 全てのポケットには英国バイカーズジャケット伝統のボールチェーンタイプのプーラー(引手)が付いたジッパー。
  • ウエストストラップのバックルは英国スタイルのROKKOタイプ(センターピンの無いタイプ)を採用、フロントジップでバイクのタンクを傷つけないようオーバーフロントのスタッド留めになっている。
  • 襟付きでフロントはダブル。典型的な英国スタイル。
  • 比較的長めに作られた着丈にストレートなボディ、浅目の前合わせと小さめの襟から得られる印象はソフト。
  • 定番のレザー・パンツやブラックのデニムのみならず、ソフトなウール系のパンツとの相性も抜群。
  • フロントのダブルを強調せずにあえてフロントを閉じて羽織ると、より上品な雰囲気を醸す。
クラシック・トート・バッグ
Classic Tote
JAMES GROSEのバイカーズジャケット用の皮革を採用したトートバッグ。世界で名高いブランドを顧客に持つ1875年創業の老舗ブランド、タスティング社の縫製。
DENTS デンツ
Cashmere Peccary Glove
デンツを代表する最高級皮革「ペッカリー」を採用した手縫いのグローブ
CHIPPEWA チペワ
CHIPPEWA 1939 6-inch Service Boot
1939年に誕生したプレーントゥ・サービスブーツには粉砕されたコルクをアウトソールに混ぜ入れたソールを採用。