クロンビー Crombie 正規取扱店 BLUE DUN

Crombie Limited West Yorkshire UK

創業1805年、あの「クロンビーコート」を産んだクロンビー社。

現在でもフォーマルはもちろん、ビジネスやカジュアルとしても着こなすことができ、非常に人気がある、「チェスターフィールドコート」は19世紀にチェスターフィールド伯爵が初めて着用したと言われるが、それはクロンビーの生地で縫製されていた。
生地に付いたタグを見た人々は、そのコートをいつしか「クロンビーコート」と呼ぶようになった。

今では[一般名称]と化した「クロンビーコート」だが、Crombie社が作る正真正銘のクロンビーコートをここに紹介する。
クロンビー社は、別名「ブリティッシュ・ウォーム(英国の暖)」と呼ばれる。それは200年を超える歴史に基づく厳選した天然素材から創る最高級毛織物が、永年に渡り王室や政治家、数多の大物俳優、テーラー達からも寵愛を受けているからに他ならない。
クロンビー社は、21世紀においても、永遠の上品さを持つデザインと品質の高さが世界的に認められ、英国のアイコニック・ブランドとして君臨し続けている。

The Crombie Coat, Slim Fit
クロンビー・コート・スリムフィット(チェスター・フィールド・コート)

オックスフォード英語大辞典に「Gentleman's Wool Overcoat」の定義として記載されたコート。

つまり英国紳士のウールオーバーコートの王道。スリムフィットモデル。

クロンビー・コート・スリムフィット(チェスター・フィールド・コート)
クロンビー・コート・スリムフィット(チェスター・フィールド・コート)
クロンビー・コート・スリムフィット(チェスター・フィールド・コート)
クロンビー・コート・スリムフィット(チェスター・フィールド・コート)
クロンビー・コート・スリムフィット(チェスター・フィールド・コート)
クロンビー・コート・スリムフィット(チェスター・フィールド・コート)
クロンビー・コート・スリムフィット(チェスター・フィールド・コート) クロンビー・コート・スリムフィット(チェスター・フィールド・コート) クロンビー・コート・スリムフィット(チェスター・フィールド・コート) クロンビー・コート・スリムフィット(チェスター・フィールド・コート) クロンビー・コート・スリムフィット(チェスター・フィールド・コート) クロンビー・コート・スリムフィット(チェスター・フィールド・コート)
SPEC
  • フライフロント3釦
  • チェストウェルトポケット1ヶ
  • フラップ付フロントポケット2ヶ
  • インナー部ホリゾンタルポケット3ヶ
  • 全ての釦は水牛角使用、CROMBIE ESTD1805の刻印入り
  • フロントダーツ
  • ベルベットカラー
  • スリムフィット
  • シングルベント
MATERIAL
  • 表地 : Virgin Wool, Loro Piana 100%
  • 裏地 : Cupro 50%, Viscose 50%
  • 袖裏地 : Cupro 50%, Viscose 50%
  • 釦 : 水牛角
COLOR

Camel

SIZEサイズの見方
表記 身幅 肩幅 袖丈 着丈
36R 49.0 43.0 66.0 101.0
40R 53.0 44.5 68.5 101.5
PRICE

¥169,990(税別)

*表記の無いサイズは在庫切れです。

DETAIL

1852年、英国中の美にこだわる紳士達が洒落男として一目置くチェスターフィールド伯爵が1着のビスポーク・コートをあつらえた。 その内容はこうだ「生地は極上のクロンビー製メルトン、カラーはベルベット、スタイルは新しいトレンドのフライフロントで」 そのスタイルは当時チェスターフィールドと呼ばれ現在のチェスターフィールドコートの由来となった。 また、そのコートの裏地にはクロンビーのラベルがあしらわれていた事により、「本物と呼べるのはクロンビーの生地を使ったもののみ」とベスト・ドレストに選ばれた紳士達の間で広まり、クロンビーの生地を使ったチェスターフィールドのスタイルを持つコート「クロンビーコート」が誕生した。 その後、オックスフォード英語大辞典に「Gentleman's Wool Overcoat」の定義としてクロンビーコートが記載された。 ノッチドラペル、セットインスリーブ、フライフロント、チェストウェルトポケット、フラップ付フロントポケット2ヶ、ベルベットの上襟、ウエストは絞られており、ライニングは燃えるような赤でなければならないと。 上襟にベルベットが採用されているのは、当時男性の髪は長めが主流であった為、頭垢を簡単に払い落せるから故と言われている。 英国紳士のダンディズムの結晶とも呼べるオーセンティックなクラシカルコート。 フォーマルからビジネスシーンまで堂々と羽織り、平成の洒落男を演出してほしい。